ボロボロにひび割れてしまったスクイーズを接着剤(ボンド)でなおしてみた

2018年8月31日金曜日

スクイーズ リーメント

t f B! P L
もっちりドーナツのフレンチクルーラーがボロボロに割れてしまったので、接着剤でなおすまでの写真を今回はのせていきたいと思います。

※ボロボロになってしまったスクイーズの写真をのせておりますので、苦手な方はご注意ください。

スクイーズのひび割れをなおすために使用したものは竹串と、セメダイン 木工用です。
竹串はひび割れの奥の方まで接着剤を塗り込むために細いものがあったら便利だなあと思って用意しました。爪楊枝でもいいと思います。

新品価格
¥1,840から
(2018/8/31 17:47時点)


本当はボンドよりもこちらの速乾アクリアの極細ノズル付きのものがいいみたいです。近所のホームセンターなど何軒かまわったのですがこちらの商品は置いていなくて、ノズルタイプではないものは売っていたのでそちらを購入しました。

※この先ひび割れたスクイーズの写真をのせております。



ボロボロになってしまったのは、こちらのフレンチクルーラーのスクイーズです。この状態で置いてあるとひびがちょっとわかりづらいところもあるのですが、これを横に少し押してみると…



こんな感じでパックリと。ひび割れというよりも裂けてちぎれる寸前という感じになってしまっていて、かなり深刻な状態です。

この本来なら見えないはずの中の、内側のスポンジ部分に竹串を使って薄めにボンドを塗り込んでいきます。べとべとにしてしまうと見た目に影響が出てしまうと思うので丁寧に塗っていきます。

スマートパス

爪楊枝よりも竹串のがオススメ


爪楊枝でも大丈夫だと思うんですが、ここまでボロボロになっているスクイーズだとボンドを塗るときに結構深くまで差し込む必要がある部分も出てきますので、やっぱり竹串くらい長さがあった方が作業はしやすいかなと思います。

手にボンドがついてしまったりすると余計なところというか問題のない部分にまでにボンドをペタッとつけてしまう可能性も出てきてしまうのでそのへんにも注意してやっていきます。もしつけちゃったときは綿棒やティッシュで拭き取りましょう。


こんな感じで塗り終わりました。ボンドを塗った直後の写真になります。全体的にひびが酷いので、表面の部分にはボンドを多めにつけています。



上の面に塗り終わったら一度しっかりと乾燥させて、乾いてから裏返し、反対側にもボンドをつけていきます。

両面とも塗って乾いたら最後は全体的に塗り忘れた部分やまだ足りていないかなあというところを探してボンドを塗っていきます。気になる部分がなくなるまでつけていきましょう。



ひびにボンドをつけて完全に乾かしたスクイーズがこちら!



ボンドをたくさん塗ってなおしたスクイーズがこちらになります…!見た目的にはなおすことができたかなと思います。

よーくみてしまうとひびの跡がバレてしまいますが💦棚に飾っておくくらいだったらこれで問題ないかなあと思います。

ボンドをたくさん塗り込むとかたくなる

やっぱりボンドを塗り込んである部分はちょっとかたくなっています。これだけ塗ってあるわりには結構柔らかいな。というのはありますが、最初の触り心地とはまったくかわってしまいました。見た目だけなんとかどうにかなったという感じですね。

触り心地がかわってしまうことに抵抗がある場合にはボンドをたくさん塗り込むのはオススメできません。カッチカチとまではいかないもののかたくはなっちゃいますので。





愛着がわいてしまって捨てられなくなってしまったスクイーズなので、見た目だけでもなんとか復活してよかったです。今はケースにいれて飾っています。

ボンドもかなり塗り込んだのですがしっかりと透明になっていていいですね。パワーエース速乾アクリアはオススメです!

アルテコ パワーエース 速乾アクリア 水性タイプ 200g A02


アルテコ 速乾アクリアスティック20g 小箱10本入り


QooQ